MENU

銀行と消費者金融のカードローンの利用時の必要書類とは

消費者金融のカードローンの審査時における必要書類

消費者金融がサービスとして提供しているカードローンの審査時における必要書類は基本的に2つに分けることができます。1つ目の書類は本人確認書類です。具体的にどのような書類が本人確認書類になるのかは消費者金融によって変わることもありますが、大抵の場合は運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードや個人番号カードなどが本人確認書類として指定されています。ただし、何らの理由でこれらの本人確認書類に記載されている住所と違う場所に住んでいる場合には、本人確認書類と合わせて公共料金領収書や住民票などの提出が求められることもあるので注意が必要です。そしてもう2つ目の書類は収入証明書類になります。収入証明書類とは源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などが指定されていることが多いです。ちなみに融資希望額が少なければ、消費者金融によってはこの収入証明書類が不要なところもあります。

銀行のカードローンの審査時における必要書類

銀行のカードローンを利用する際の審査時における必要書類は、基本的に上記で説明した消費者金融のものと同じことがほとんどです。つまり本人確認書類や収入証明書類などが必要書類になります。