MENU

カードローンを返済できない時の対処法や罰則などを解説

カードローンが返済できない時の対処法

カードローンで借りたお金が返済できない時の対処法として、まず借りている金融機関への連絡を行いましょう。この連絡については、借りたお金が返済出来ないとわかった時点で早めにしておくのがポイントです。連絡した際には、借りているお金がなぜ期限までに返済できなくなったのか、いつまでなら返済することが可能になるのかなどを、担当者の方に明確に伝えるようにしてください。ちなみにこの時点でちゃんとした答えを用意できないと、返済する意思がないとみなされてしまって、金融機関への印象が悪くなるので注意しましょう。

また、どうしても返済が不可能な状況になってしまった場合には、債務整理を行うのが1つの有効な手段になります。債務整理を行えば、ブラックリストなどに載ってしまうなどのデメリットがあるものの、支払い義務を一時的に停止することや支払額を減らせるようになります。

カードローンが返済できない時の罰則やペナルティーは?

カードローンが返済できない時の罰則は、各金融機関によって細かいことは変わりますが、基本的には延滞損害金・遅延利息といって余分に高い利息を支払う義務が生じます。また返済の延滞は当然信用情報に登録され、それが長く続いてしまうとカードローンの利用が不可能になります。